敏感肌 日焼け

敏感肌の肌トラブルケア方法

使う商品は慎重に選ぶことが大事です

 

顔、身体全体がアレルギー体質ですぐに小さなぶつぶつが出来てしまう。

 

石鹸や液体はもちろんのこと、金属や紫外線でもぶつぶつができ、痒くなり腫れてしまうので、身体に合うものを見つけるのが大変。

 

しかも会うと思って使っていたものも季節が変わる辺りになると突然合わなくなることがあるため、肌に合うからと油断して買いだめすることができない。

 

今一番酷いのはシャンプーで、フケも出るし、シャンプーを洗い流す際触れる首から下も痒みやぶつぶつが出る。

 

いつ頃から悩んでいたかについては、子どもの頃も何かしらに触れるとかぶれたり、洗顔料などでぶつぶつができ痒かったりしたが、世の中がアレルギーに対して理解が広がったのが高校生になった辺りなので、それくらいから自分でも認識し気を付けるようになった。

 

 

肌を傷めないポイント

 

敏感肌の肌トラブルケアのコツ

対策はとにかくパッチテストをする。

 

金額が高いものは必ず試供品をもらう。

 

表示を見て低刺激の物を使うようにする。

 

しかし、低刺激と言われてる物が合わなかったり、他の人数人が痒いと言っていたものが全く痒くならなかったり、いまいち自分の身体がわからない。

 

それでも友人に勧められた場合はその場で試せる場合は試させてもらうのだが、大概肌に合わないものが多いので申し訳ないので友人からのおススメは丁寧にお断りしている。

 

紫外線に関してはどの化粧品よりも反応が酷いので、痒くはならない日焼け止めクリームを塗りつつ日傘や帽子、長そでなどで対応している。

 

しかし、大概高い化粧品は肌に合わず、安いものばかりが体に合うことに最近気が付いた。

 

敏感×乾燥肌は細かいチェックや注意がポイントです

 

敏感肌の肌トラブルケアのコツ

子供のころからの遺伝的な敏感肌と乾燥肌をしています。

 

体もレースが当たるとかゆくなったりと衣服や下着の素材によって反応してしまうことがありますが、やはり一番ひどいのは顔や頭皮、デコルテで化粧品や整髪剤によってかぶれてしまうことがしばしばあります。

 

強い日焼け止めは全く塗れませんしファンデーションを塗るとよっぽどやさしいものでない限り顔が赤くほてってかゆくなってきます。

 

そしてたまに発疹ができることもあります。

 

そのため普通にお化粧をすることが難しいためかなりすっぴんに近い状況で過ごしています。

 

衣服等も体のかぶれもありますがメイクがあまりできないこともあって、あまりおしゃれな服装はできません。

 

他の人が化粧品はどんなものも使えると言っているのを聞くと非常にうらやましく思います。

 

整髪剤が顔やうなじなどに当たっても発疹してしまうことがあるので髪に使うものもかなり気を使っています。

 

ですがそういったことをあまり気にせずにお化粧等ができるようになれたらと思っています。

 

 

肌を守りつつ乾燥をケアするには?

 

まず、サンプルやトライアル等があるものはきちんと使用してから判断する。

 

素材にこだわる。

 

肌着などは基本的に綿が多いものを選ぶ。

 

レース等の刺激があるものはできるだけ避ける。

 

化粧品やヘアケア製品は自然派化粧品や敏感肌用を試してから使っています。

 

しかしシーズンによってそれも合わなくなったりするので、合うものをいくつかキープしています。

 

サプリメントでビタミンなどを摂取したり今話題の酵素などを飲んだりもしています。

 

酵素はやはり多少いいところもあるようです。

 

睡眠や運動は最近サボりがちなのでやらなければと思っていますが、日焼け止めがあまり塗れないので日が出ている時に外へウォーキングに行くのは気後れしてしまってそれではだめだと思いつつもできないでいます。

 

世間では飲むタイプの日焼け止めが出ているとのことですのでこちらも試したいのですが、なかなかお試し(サンプル)版が売ってないので何を買えばいいのかが悩ましいですね。

 

日焼け止め対策は何か簡単な対策があれば逆に教えてほしいくらいです。

 

関連ページ

肌トラブル奮闘記
日焼けなどで肌を傷めてしまった方たちが現在行っている対策方法をまとめております。良い感じのケア商品なども紹介中ですよ♪
私のオススメ・紫外線ケア手法
1年中行える紫外線ケア手法の口コミをまとめました。普段の生活で改善すると良い箇所や日焼け対策について情報満載です。